パンフレットダウンロード

ご相談・お問合わせ

Akai花へんろ

養護老人ホーム「花へんろ」(通称Akai花へんろ)

Akai花へんろは、「益城町養護老人ホーム葉山荘」として公営により運営されてきましたが、「益城町公の施設のあり方検討委員会」による民営化の移行答申を受けて、民間への経営移譲が行われたものです。このことにより、平成22年8月に設立された社会福祉法人ましき苑は、特養・ショートステイ・デイサービスの3つの介護保険事業所花へんろに、平成26年4月1日、老人保健法の養護老人ホーム花へんろの運営が加わりました。

社会医療法人ましき会グループとして、医療法と障害者総合支援法、介護保険法、老人福祉法による各種事業所を運営することとなり、それぞれの有機的連携のもとに、ますます、幅広く地域医療・福祉に貢献できることとなりました。

1.Akai花へんろ施設の沿革

この施設は、昭和33年、生活保護法による養老施設「古城園」として、定員30人で発足しました、昭和38年の老人福祉法施行に伴い、「益城町養護老人ホーム古城園」と改称、定員も50人となりました。
昭和54年、益城町赤井に移築し、「益城町養護老人ホーム葉山荘」と改称され、平成26年4月1日、益城町営から社会福祉法人ましき苑に経営移譲が行われ、「養護老人ホーム花へんろ」通称Akai花へんろとして、民営化しました。

2.施設の概要

経営主体 社会福祉法人ましき苑(設立母体は社会医療法人ましき会)
理事長 犬飼邦明
施設長 田尻信行
入所定員 50名
敷地総面積 6,130.43平方メートル
建物総面積 1,247.1平方メートル(鉄筋コンクリート平屋建て)
職員数 23名(給食業務外部委託4名を除く。)

3.施設の運営

施設は、「措置費」によって運営され、措置費は、施設の管理や職員の人件費、事務費、一般生活費からなり、国及び県により負担されます。(なお、収入のある入所者は、収入の金額に応じ、「施設入所措置費入所者負担金」を町役場に納付)

4.入所の資格

  • 原則として、65歳以上のものであって、身体若しくは精神上又は環境上の理由及び経済的理由により、自宅において日常生活を送ることが困難な人。又、65歳未満であっても、老衰が著しい等、その他その者の福祉のため、特に必要と認められた人が入所対象となります。
  • 介護保険の認定は必要ありません。
  • 収入がある方は、収入の額に応じて、市町村に対して負担金を支払うことになります。
    (無収入の方は負担金を支払う必要はありません。)